恋は雨上がりのように 感想

映画版を見てよかったので感想をまとめておく。原作も、連載当初から追って途中間は空いたが最後まで読んだ。ネタバレあり。

最初、「年の差恋愛どうする?!」みたいな漫画だと思ってた。途中まででいったん読むのをやめてしまったのも、そこに興味を持てなくなったからだった。でも劇場公開されて評判を見るとどうも違うらしい。そこで改めて最後まで読んでみるとこれは、夢に向けてくすぶるおじさんの再生の物語だった。女子高生あきらの青春を描く物語であり、中年店長が青春を取り戻す物語であった。

おそらくこの作品のターゲットは、店長に感情移入するような人間たちだ。かつて夢を抱き、もがき、やがて大人という立場がそれを許さなくなり、諦めたツラをして日々を送っている、そういう「われわれ」。

そこに登場する「橘あきら」という女子高生。彼女の存在は、「われわれ」にとって非常にもどかしく、「なぜ?」と問いかけずにいられない。「なぜ、足のケガで陸上をすべて諦めてしまったのか」。

「若さ」には力強いエネルギーが宿る。「やりたいからやるんだ」「とにかくこれだけをやり続けるんだ」。しかし時にこのエネルギーは盲信を招く。「これしかないんだ」「少しでも失敗したらもう意味がないんだ」。
「われわれ」の目には、あきらが陸上を諦めたのはこの極端な「イチかゼロか」のように映る。リハビリして、少しずつ慣らしていけばいいじゃないか。まだ若いんだから。そう思う。
でも彼女たちは「3年間」という単位で生きている。常に自分の能力が右肩上がりでなければならないと感じている。今までがそうだったように。一度でも下降に転じてしまったら、「もうやり直しても仕方ない」「本当はかくあるべきだった自分にはたどり着けない」。そう断じてしまう。それが「若さ」の罪である。

僕自身も、大学受験の時に似たようなことがあった。さあ受験の天王山と煽り立てられ臨んだ高3の夏休み、始めのうちは根詰めてガリガリ勉強していたものの、1日のサボりが3日になり、3日が7日になり、結局ほぼ丸々勉強せずに過ごした。
その時頭の中を堂々めぐっていたのは「いまさら勉強したって意味がない」「周りは俺がサボっている間にも進んでしまったのだから、今から追いつけるわけがない」、というまさに極端な「イチかゼロか」思考だった。

あきらにとって、ひいては「若さ」にとって、一度の挫折はそれほど大きなものだ。でも「われわれ」から見るとそれが非常にもったいない。「3年間」のその先もあるとわかっているから、諦めるなと口を出したくなる。口を出していると思う。「はて、自分は人のことを言えるほどご立派だろうか」。

「もう若くないから」「仕事があるから」「家族があるから」。そういう理由でごまかしていた何かが、鎌首をもたげてくる。やりきって諦めたならいいだろう。でも自分はそうじゃなかった。やりきってみる前に、何かのせいにして見ないフリをしていた、努力したって才能がない、無駄だとわかったようなツラこいてたクセに、本当はまだ、恋をしている。僕だって「イチかゼロか」に囚われていたじゃないか。

あきらの恋愛をエンジンとした彼女の青春の再生、「あまやどり」のお話でありながら、それをリードするのは店長自身の鬱屈である。店長自身もあきらとのかかわりを通じて自らと向き合い、長い「あまやどり」を終え再び歩き出していく。僕も長いこと片思いをしていたけれど、最近自分でゲームを作り始めてようやく「あまやどり」が終わったような気がしている。恋は、雨上がりのように。

コメントを残す

メニューを閉じる