EngineのDocumentsを勝手に和訳してみる:How to install the TopDown Engine

おつぎはインストール方法 やってきまーす

イントロダクション

どのバージョンのUnityを利用していようとも、かならず空のプロジェクトにこのアセットをインポートしてください。そうすれば、エンジンのプロジェクト設定がきちんとインポートされます。 本アセットの機能は、Unityパッケージのものをいくつか利用しています。インポートしただけではいくつかエラーがでるでしょうが、その解消方法がこのページに書いてあります。

アセットをインポートする

下記の手順で本アセットをインポートしてください。
  1. Unity Hubから新しいプロジェクトを作成:Unityバージョンは2019.1で、3Dプロジェクトで作成してください。
  2. アセットストアから本アセットをインポートしてください。(くれぐれも空のプロジェクトに)
  3. インポートすると、CinemachineおよびPostprocessingの参照エラーが表示されるでしょうが、パニックにならず、落ち着いてこの記事を読んでください。:)

Unity 2019.1以上の場合

インストールすると、大量のエラーに見舞われるでしょう。大丈夫です、そういうものです。エラーを修正するためには、ファイルエクスプローラから(Unityからではなく) TopDown Engineのルートフォルダに あるmanifest.jsonファイルをコピーしあなたのプロジェクトのPackagesフォルダへペーストしてください。(もし既に存在する場合は上書き)Unityを再起動するか、Packagesフォルダを再インポートする必要があるかもしれませんが、大体はそのまま動きます。

LWRP, HDRP あるいはマニュアルでのパッケージ管理

マニフェストファイルを置換すると、簡単かつ迅速に本アセットを動かせるようになりますが、この方法にはいくつか問題が残ります。例えば、LWRPやHDRPといった、利用するパッケージを自分自身でコントロールしたい場合です。そういった場合は、依存するアセットを全て手動でインストールすると良いでしょう。その場合に必要なアセットはCinemahine,2D Pixel Perfect, PostProcessing Stackの3つです。

Unity 2018.3以下の場合

空のプロジェクトへのアセットインポートが完了したら、TopDown Engineは準備完了です。 CinemachineかPostProcessingに関するエラーが出ている場合は、こちらからアセットのプロジェクトセッティングとパッケージマニフェストをダウンロードしてください。Unityを終了し、これらのファイルをダウンロードしたらあなたのプロジェクトへコピーしてください。manifest.jsonファイルはproject/Packagesディレクトリへ、ProjectSettings.assetファイルは ProjectSettingsディレクトリへ格納してください。これら2つのファイルを上書きしたら、再度Unityをひらけばうまくいくはずです。 それでもダメなら、あなたがこれまで行った手順、起こったことをサポートへメールで送ってください。あなたの助けになれたら嬉しいです。

どうしてこれらのエラーが出るの?

本件は、Unityがアセット制作者に対し、アセットストアへのProject Settingsフォルダ(入力設定や品質などを含む)のアップロードは許可しているものの、どのアセットを使用するか記述するmanifest.jsonファイルのアップロードを許可していないために発生する問題です(今回の例で言えばPostProcessingとCinemachine)。近い将来修正されるようですが、しばらくの間は上記の手順を踏んでください。

カメラがズームインしすぎてる

Unityのバージョンが2018.3以下の場合、いくつかの設定が失われてしまうために発生することがあるようです。でも心配なく。2Dの場合は、MainCameraのPixel Perfect CameraコンポーネントのAssets Pixels Per Unitの値が16になっていること、仮想カメラのorthographic sizeが6.9となっているか確認してください。3Dの場合は、仮想カメラ(大体の場合CM vcam1という名前)を選択し、field of viewの値を40に設定してください。

コメントを残す

メニューを閉じる